<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

ソロンタンと明太子

ケイコが韓国人の友人から、美味しい韓国料理屋さんを聞いてきたというので、そこに行ってみました。

f0027244_22302952.jpg場所は32nd Streetで5thと6 Aveの間にある韓国街の中にあります。Gahm mi oak という名のレストランで牛骨スープが有名です。木の雰囲気を生かした内装で結構込んでいます。期待十分で中に入りました。

オーダーはもちろんソロンタン(牛骨スープ)、それと子供達用にチジミ?(韓国風お好み焼き)です。前菜にたっぷりのキムチがでて、これが結構イケル。気持ちも高ぶる中、いよいよ来ました。

牛骨スープというから豚骨のようにこってりスープを想像していましたが、かなりあっさり系です。ほとんど味の付いていない白いスープの中に麺とライスが入っていて、これにネギと塩を入れて味付けしながら食べるのが本場の食べ方だそうです。でも美味しいです。胃に優しいスープという感じです。それで一杯8ドルですから、思わず顔がほころびます。

子供達もびっくりするくらいよく食べました。ホントにこの子たちは美味しそうによく食べます。グf0027244_2231251.jpgー(good)のポーズを連発してチジミもスープも平らげてしまいました。

帰りには韓国スーパーマーケットに寄って、明太子とカクテキを買って帰りましたが、この明太子がかなり高得点でした。以前に頂いた日本からの高級明太子に迫るおいしさで、ホントに今日は得した気分でした。

カズホもメンタイコン、メンタイコンと言って喜んで食べていました。

ゆたか
[PR]

by tramstation | 2006-01-29 22:26  

ピニャータとケーキ

カズホとマキの友人二人のjoint birthday partyがありました。二人とも日本人のお友達でf0027244_22252438.jpg2歳のお誕生です。その二人が一緒にお誕生会を開くというので、お邪魔させて貰いました。

richなご家庭らしく凝った飾り付けと、美味しいお食事(サンドイッチなど)が並んでいます。そのメインイベントはPinataピニャータです。これは紙の箱の中にお菓子やらオモチャやら一杯詰まっていて、それを開けた瞬間にこぼれ落ちたお菓子などを子供達みんなで拾うというイベントです。今日は箱を棒で叩いて開けるというものでした。

子供達は小さい順にそれぞれ棒で箱を叩きましたが、小さい子が多いので壊れません。そこで今度はママ達に順番が回ってきました。結構みんな本気で叩きます。見て下さい、このケイコの腕の振り。なんだか日頃の鬱憤を晴らしているように感じられたので、思わず あんまり強くたたくなよ と声を掛けてしまいました。

f0027244_2226373.jpgケーキはupper eastのbakeryから取り寄せた素敵なイチゴショートケーキとチョコレートケーキです。日本人の子供の誕生会では地元のケーキは全くと言ってもいいほど出てきません。皆日系のケーキ屋さんか手作りです。大人達はこのときも盛上がりました。グルメの友人ご夫婦が選んだ、NYのケーキ。

結果は さすが です。甘すぎず、品の良い味でした。探せば(値段を考えなければ)美味しいモノはちゃんとありますね。

カズホはイチゴのケーキ(彼はチョコレートは好きではありません)マキは両方のケーキをほおばっていました。でも、こんな小さい頃から甘いモノばかりで大丈夫か?

ゆたか
[PR]

by tramstation | 2006-01-28 22:22  

One year その2

一年前振り返り企画その2です。

こちらNYに初めてついた翌日、職場の管理事務の方との約束があり、早々に宿をでました。昨日までの雪とうってかわって、今日は晴天です。まだ歩道には雪はかなり残っていましたが、道路は既に除雪されています。upper westの友人宅からeastの職場まで、初めての土地なのでどれくらい時間が掛かるかも分かりませんから、かなり時間的には余裕を持って出かけました。

地下鉄で72nd st.まで下って、そこでバスに乗って、マンハッタンを横断する予定でした。しかし歩き出して気がついたのですが、バス停が見あたらない。バス停のようなブースがあっても、バスの標示は何もなく、どうも違うようです。で、どんどん歩いているうちにCentral Parkが見えて来た。しょうがないので、そのまま雪の積もった歩道をどしどし歩いてゆきました。雪のCentral Park確かに綺麗だったと思います。でもそのときは時間に遅れないか気がかりで風景を楽しむ余裕は全くありませんでした。

その後、バスには乗れました。(標識は随分高い所にあるのですね)待ち合わせの時間に少し遅れてしまいましたが、なんとか到着。事務所に駆け込むと、なんと担当者が今日は雪のためにお休み!外はこんなに晴れているのに。なんどもメールで打ち合わせしたのに!

なんだかアメリカに歓迎されていないような気分になってしまいました。

後日職場のボスに
来た当初に寒波と雪で大変だったと
ぼやいたら、ボスは
白い絨毯を引いてキミを迎えてくれたんだよ
と言っておりました。

ゆたか
[PR]

by tramstation | 2006-01-26 14:10  

Happy Birthday!

Happy Birthday, keiko! 今日はケイコの?回目の誕生日です。盛大にやりたf0027244_1483330.jpg いところでしたが、色々な事情から、今日の晩ご飯のおかずは鯖のみりん干しと切り干し大根で、至って普通になりました。

それではあまりに悲しいので、僕がケーキを買ってきました。しかし実際には、こちらのケーキは概して甘いし、ピースで買うようなものにしても大きくなってしまうので、結局Cream puff(シュークリーム)となりました。なのでシュークリームに一本ローソクを立てて、Happy Birthday を歌ってお祝い致しました。

このシュークリームは日系のシュークリーム専門チェーン店で買ってきました。それなりにいけます。久しぶりで結構おいしかったです。ちなみにこのお店はラボのアメリカ人の友人のお勧めです。

お誕生日のカードはDURAN READで買ってきましたが、カード好きの国らしく、pharmacyでもあらゆる人へのbirthday cardがあります。それこそ友人、兄弟姉妹はもちろんwife, hudband, granma, garanpa宛てのカードがあり、それぞれ種類も豊富です。もちろん今日はTo momでした。カードの中身はカズホが口で言ったことを僕が書きました。”いつもおいしいごはん、ありがとう。またてんぷらとつるつる(おそば)つくってね”だそうです。

おめでとう。

ゆたか
[PR]

by tramstation | 2006-01-25 14:06  

One year

1月24日、一年前の今日、僕ユタカは初めてニューヨークの地に立ちました。家族はこの後一ヶ月後に来ることになっていたので、生活の立ち上げのために一人でここに来ました。少しばかり、当時を思い出して、書き込んでみようと思います。

まず、初っぱなから飛行機がキャンセル。当初1月23日に到着する予定でしたが、こちらが大雪の為にフライトがキャンセルとなり、大きな荷物を持って、成田から実家の横浜までトボトボ帰っていった記憶があります。

翌日、一日遅れで成田を発ちました。JFK空港では僕の高校時代の同級生が迎に来てくれるはずでした。しかし(後で分かったことですが)、雪のために交通が麻痺しており、1時間待ってもきません。結局予定より、1時間半近く待ってやっと来ましたが、挨拶もそこそこに、その友人曰く、これから飲み会があるので、そのまま行こう、と。

で結局、スーツケースとキャリーバック、そしてリュックを持ったまま宴会の場所に到着。ミッドタウンの日本の小料理屋のような所で、初めて会う人たちと、お酒を酌み交わしていました。僕としては、初めてのNYですからおしゃれなパブなどを期待したのです。日本からわざわざ来て、居酒屋で”結構こちらの日本食もいけますね”なんて言うとは思っても見ませんでした!

そのとき昨年一番の寒波が来ているときで、目が痛くなるような寒さの中、雪のため、転がらないスーツケースを押しながら、やっとの思いで友人のアパートにたどり着いた時には、ホントにこれからどうなることかと案じておりました。

写真はちょうど一年前のお正月の写真です。

つづく。
f0027244_15391128.jpg

[PR]

by tramstation | 2006-01-24 14:51  

Central Park Zoo

昨年の5月にニューヨーク市内の動物園、水族館の年間パスを買いました。今年の5月で期限が切れてしまう前に元を取ろうと(子供達は4回目ですが)、Central Parkの中にある動物園に行きました。

はじめにペンギンの水槽です。半地下から見ることができて、陸上も泳いでいるのも見えます。f0027244_13453513.jpgカズホは喜んでいましたが、マキはガラス越しに近寄ってくるペンギンにはちょっと怖いようでした。ちょうどペンギンの食事時間で、係員の説明を聞きながら餌付けを見ることができました。飼育係が結構強引にペンギンに魚を食べさせているのが印象的でした。

次はシロクマです。Polar Bearが出てくる絵本があり、カズホはよく覚えています。夏に来たときは暑さで岩陰に寝ていて見えなかったのですが、今日は活発に動いています。外気温は2-3度で彼等にはちょうどいい気分なのでしょう。親はここでも係員からの説明を聞いて、英語の勉強、わからない単語を調べています。

外を歩くと寒くなってくるので熱帯雨林の動物達を見に行きました。冬のニューヨークとは思えない程、ここはいつでも真夏です。不気味な色をしたカメレオンが壁を歩いていてびっくりしていました。

メインイベントはアシカ(Sea Lion)のショーです。ショーといっても餌付けの際にちょっとした芸を見せてくれるのです。それでも逆立ちしたり、手をたたいたり、結構盛り上がりました。

f0027244_13461856.jpg最後はふれあい動物園に行って、ヤギに餌をあげようとしましたが、マキはパパが一緒に手を出すと、餌を差し出しましたが、カズホは最後までイヤイヤで、結局ママがあげることになりました。しかたがないので、カメの甲羅に入って写真を撮りました。

パスの期限までは何度でも動物園に行きますよ。

ゆたか
[PR]

by tramstation | 2006-01-22 13:41  

マキ

毎週土曜日にはRoosevelt Islandの中にGreen Market(朝市)が立ちます。今日はそこで買い物でした。

歩いて5分ほどの距離ですが、アパートからストローラーで行きます。日本で買ったストローラf0027244_13571128.jpgーにバギーボードというのをつけて、一台で2人を乗せて押すことが出来ます。ホントはカズホがボードに載るのですが、最近のお気に入りはマキがボードに載って、カズホが座っています。

最近マキは何でも、自分で、自分で病です。とにかく、なんでも自分でやりたがります。お箸を持つのも、鍵を開けるのも自分でです。それを断ると本気でいやがります。

カズホのこのころにはこんなことはなかったような気がしますが、いったい誰に似たのでしょうか。

ゆたか
[PR]

by tramstation | 2006-01-21 13:26  

凧あげ

f0027244_15185018.jpg
f0027244_15191971.jpg
日本の実家から、年賀状が届きました。私たち宛に来たものを、まとめて送ってくれたのです。久しぶりの日本の友人、知人達の現状を思い、懐かしくなります。でも中には広告のはがきもありました。そこで暇に任せて、使わない年賀状を使って、ミニ凧を作ってみました。

とはいっても、凧糸もないので、麻ひもで代用して、新聞紙の切り端でしっぽを作りました。
あげると言っても外はもう夜なので、試しに子供達に廊下を走らせてみることにしました。

結果は写真の通りで、凧はただ地面を這っていました

でも写真の子供達をご覧下さい。やっぱり作ってみて良かったと思いました。

ゆたか
[PR]

by tramstation | 2006-01-20 15:08  

サッカー

10月始めにケガをしました。サッカーをしていて、転倒、結構酷くやってしまい、現在左の足首にプレートが2本はいっている状態です。

そのため、さんざん周りの人から”No More Soccer"と言われました。

でも。 実はもうやっています。手術から3ヶ月ほど経って、現在リハビリの為にPhysical f0027244_1565525.jpgTherapyに通っていますが、そこで足首の運動にいいからとサッカーをしているのです。

今日もPhysical therapyに行って早々、ウォーミングアップと称して、廊下をジグザグドリブルして、そのまま壁に向かってシュートの練習をしました。果ては、セラピスト(女性)が、私を抜いてみろと言うので、1対1までしてしまいました。でも3回が3回あっさりボールを取られて、負けてしまいました。

サッカー歴20数年、まだまだ練習が足りないようです。

写真はセラピストからの宿題の一部です。

ゆたか
[PR]

by tramstation | 2006-01-19 14:58  

Fax machine

ついにファックスつき電話が来た。これは本物だ。f0027244_14434212.jpg

いままでファックスをあまり使用する機会もなく、そんなに真剣に考えていなかったというのもありますが、それでもそれなりに努力はしていました。最初は昨年の4月頃、同じアパートのドイツ人から、moving saleで家具その他結構色々なモノを買ったので、そのおまけにファックスをくれました。しかしこれは全く動かず、使い物になりませんでした。

2回目にはやはりmoving saleで、日本人の人から調理器具を買った際、仲良くなって一度食事にお呼びしました。その時に、この家にファックスがない事を知って、余っているファックスを一台、そして他の友人から余っていたファックスを更に一台、無料で持ってきて下さいました。けれどもそのどちらもロール紙がうまく入らずに、結局一台も使えませんでした。

けれど。 待つこと半年、遂に。 ファックスつき電話が家に来ました。留守番電話つきのハンドフリーの受話器がついた電話です。日本に帰国する友人のご家族から30ドルで譲って頂きました。写真の通りピカピカ、日本製のファックスです。

ケイコは嬉しくて早速友人に試しファックスをしていました。

ゆたか
[PR]

by tramstation | 2006-01-18 14:29